読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

米国ETFを買えば資産を増やせることを証明する!

普通の人でも米国ETFを買い続けるだけで資産が増やせることを証明するためのブログです。

水曜日のダウンタウンって面白いよね

 おかげでこのざまです。

 今日は久々に(?)なろうのお気に入りの小説を一つ紹介しましょう。

 時間もネタも無い時の奥の手とか言わない

 

 

 

 

新たなる古色蒼然。少年はいま聖騎士となる。

 

 

最果てのパラディンI 死者の街の少年 (オーバーラップ文庫)

最果てのパラディンI 死者の街の少年 (オーバーラップ文庫)

 

 

 

 というわけで紹介するのはこちら、『最果てのパラディン』です。

 書籍化されてますし売れてますしで皆さんもうご存知ですよね。

 え? 知らないって?

 

 簡単なあらすじはこちらをご覧ください。

ncode.syosetu.com

 え? あらすじも書影も紹介して、これ以上何を書くのかって?

 決まってますよ。魅力の紹介ですよ。

 

これは、人によって捉え方の異なる物語だ。

 

 たとえばある人は、これを成長の物語と思うでしょう。

 またある人は、これを勧善懲悪の冒険物語だと思うでしょう。

 またまたある人は、これは家族愛の物語だと思うかもしれません。

 もしかしたら多くの人が、これは「なろう」でウケる要素の詰め合わせにすぎないと見るかもしれない。

 そのどれもが正しい。最果てのパラディンは、見る人によって姿を変える万華鏡だ。

 

 これは読者自身の経験や、あるいは読み方、読む姿勢によっても関わってくると思っている。こんなこと言うと他の作品全てにも言えるんだけど。

 たとえば勧善懲悪。これはこの作品を『痛快娯楽小説』と思って読んだ場合ではないでしょうか。

 たとえば家族愛。これは主人公だけでなく、その周囲にも自己投影してしまったからだと考えられます。

 たとえば「なろう」の詰め合わせ。これは書籍を手に取る前から「なろう」発の物語だという先入観が強くそう思わせているかもしれません。

(「なろう」が生まれるより遥か以前から、というかもはや神話のレベルに遡っても、主人公がある程度の特権=チートを持っている物語は枚挙に暇がない。にもかかわらず主人公がある程度の優遇を受けていた場合にチートだ「なろう」だというのは先入観によるものではないだろうか?)

 もっとも、多くの文学作品やら小説やらゲームやらの要素が含まれている以上、そう思ってしまうのも仕方ないといえばそうなのですが。

 

 そして、たとえば成長。

 これまでの人生において。挫折を味わった人間にとって、これは最も身近に感じるテーマかもしれません。

 主人公は物語が進むにつれ肉体的に成長していきます。家族にも恵まれます。それは正しくチート的で、理想的な成長の様子です。

 ですが後半、主人公が苦難に陥った時。

 ごぽりと、濁った沼から「それ」が這い出てくるのです。

 それに呑まれることなく打ち勝ち、苦難に立ち向かおうとするその姿こそ、真の「成長」と呼ぶべきではないでしょうか?

 そしてその「成長」は、どんなチートよりも価値あるものではないでしょうか?

 

え? これだとそんなに読む気になれないって?

 

 では要素だけ挙げていきますね。

 冷静沈着、バーサーカー脳筋お父さん。

 銭ゲバ老獪、知謀冴えわたるおじいちゃん。

 優しすぎて母性溢れすぎかと思うくらい慈愛に満ちたお母さん。

 いやもう作中一美人なんじゃないですかねハーフエルフさん。

 武骨で、無口で、剣技に優れた冒険者さん。

 笑い上戸で軽妙洒脱、けれど絶対的王者の資質を持つ王弟殿下。

 臆病なようで、やっぱり誰より勇敢なドワーフさん。

 飄々としているようで、芯は譲らぬ怪盗さん。

 尊敬の対象であり、蟲惑的な高級娼婦さん。

 

 とりあえずこんな感じのメンバーが入れ替わり立ち替わり、主人公と共に物語を紡いでいきます。いや、これ以外にもたくさんいますし、肝心な神さまを載せて無かったりするんですが、載せるとネタばれ感溢れるのでこんなところで。

 

 お暇な方、時間の余っている方、ファンタジーが好きな方。

 まずはweb版をお読みください。きっと好きになれると思います。

 

 

 ちなみに私は第四章十一話が一番好きです。

 止めろ、あの話は俺に効く。